asparagas1

 

 

グリーンアスパラガス

旬と栄養

5月から初夏にかけてが旬のグリーンアスパラガスは、冬の間に養分をたくわえた根から伸びだしてくる茎を食べる野菜です。
野菜には珍しくたん白質が比較的多く、アスパラギン酸という必須アミノ酸が多く含まれます。
アスパラギン酸はだるさや疲労をとるのに役立ちます。また、ビタミンA・B1・B2・Cも多く含まれ、免疫力を高める以外に、コレステロールを洗い流す働きがあり、高脂血症・動脈硬化の予防などにも効果があるといわれています。
ホワイトアスパラガスは太陽の光を遮って作られたもので、免疫力を高める食品としては圧倒的にグリーンアスパラガスのほうが優れています。

選び方と保存方法 グリーンアスパラガスは、濃い緑色で全体にみずみずしくはりがあるもの、また茎は太めで穂先が固くしまり、まっすぐに伸びたものを選びましょう。
保存はラップで包んで冷蔵庫で立てて保存します。収穫後時間がたつと、繊維が硬くなって苦みが増すので、できるだけ早く調理しましょう。
ゆでてからラップに包んで冷凍保存もできます。

 食材一覧に戻る>>

TOPに戻る>>